レベリングにチートは使えない

game01

ファミコン・セガサターン・ドリームキャストなどの家庭用ゲーム機が発売される前、Windows3.0などのDOS時代いわゆるPC9801時代からゲームはある。

ただし、その当時はセーブ機能は今と比べると複数保存できないし、上書きされるものがほとんどである。今の世代のゲームはその当時と比べるとレベリングと言われる操作するキャラクターなどのレベルをあげることでヒットポイントが高くなるので死ににくくなったり、いろいろなスキルが身についてモンスターを倒すことも容易になってきた。

以前のゲームは、、思えばスーパーファミコンの前のただのファミコンだった時代。ファイナルファンタジーなども確かそうだったと記憶しているが、とあるセーブポイントへ辿りつくことが出来なければセーブが出来ない!レベルはあがるが当然電源が落ちるとレベル1でまた最初からになるのである。そこまでの道程が非常に長く辛く、いとも簡単にクリアしていく人もいれば、ひとつでもコマンドを間違えるとセーブポイント手前で主人公が死んでしまい、リスポンされてしまうのである。こうなると途中で投げ出してしまうプレーヤーも続出であった。

当時はレベルアップと言っても、レベルが高くなったら強くなるというものではなかった。
わかりやすいのが、スーパーマリオ。
これはレベルアップというよりもキャラクタポイントというものがあり、ポイントを取ることにより、何回まで失敗しても大丈夫といったものである。これがレベルかと言われるとおそらく違うが、次のステージに進むことが出来る鍵にもなったのである。

ドラゴンクエスト(ドラクエ)はマリオとは異なり、レベルアップによってモンスターがめちゃくちゃ弱く感じることになる。これを実感できることが当時はすごかった。これがレベルアップなのだ!と思った。そして、ちょっと強くなったからと次の場所へ進むとあえなくチーンとなって、また最初に戻されて泣いたこともこれが学習となって、強くなってから次のステージに進んで、また次のところで強くなってから、次へ進む。またはどうやったら敵を避けて進めるかを考えたり、武器を組み合わせたり、効率的にゲームを有効に進める。これが現在のレベリングに繋がっていると思う。

ではレベリングにはどうしたらいいか。

経験値を稼ぐために、ひたすらモンスターを倒す。倒す。倒す・・・倒す!(笑

どこかの国ではチート(卑怯・ズル・イカサマという意味)ツールなど開発して、最初からレベルを99にしたり、強い武器を入手したり、使っても減らないコインなどゲーム改ざんをしてゲームクリアをするという手段もある。

ただし、チートをしてゲームをクリアしても達成感は感じられない。

ゲームの醍醐味は遊びであって遊びではない。いろいろ失敗しながら、学びながら進める。チートでは絶対得られないこと。レベリングはゲームのキャラクターだけではなく、遊ぶ側のレベリングでもあるのだと筆者は思う。失敗して学んで強くなる。そして成し遂げた達成感はゲームをプレイした人にしかわからない。これがゲーム作成側が遊ぶ側に本当に伝えたい意味でもあるのではないだろうか。

レベリングにもいろいろある

 

monsterhunter

最近のゲームスタイルが以前と違うところは多々ある。

ファミコンなど発売された当時には、ゲーム機を個人で使用するだけであったので1人もしくはコントローラを接続をして複数人でプレイするスタイルが主であった。これが、インターネット回線が電話回線(アナログ)を使うものから高速回線(ISDN・ADSL・光回線)の発達によりオンライン回線で接続できるようになり、個人だけではなく、国内や海外の人ともプレイできるスタイルが急増したことで大きくゲーム業界が変わってきた。

通常レベリングは、主にロールプレイングゲーム(RPG)と称されるゲームにおいて、レベルをあげる行為を指す。これには、モンスターを倒して経験値を稼いだり、クエストと言われるオーダーをクリアすることで経験値をもらってレベルをあげるといった行為が含まれる。

通常どのゲームにもレベルキャップは存在しており、RPGにはレベル99が以前は多かったのだが、パワーユーザーと言われ複数回周回することでゲーム内容が変わったりモンスターが強くなって登場したりするゲームも増えて、その類のゲームにはレベルも100を超えるユーザーも出てきた。

シュミレーションなどにもレベルが実装されており、シムシティなどの都市開発ゲームや昨今人気の農園ゲームなどでは使えるアイテムや土地が広げられたりなどの恩恵を受けることが出来る。

ゲームをプレイするごとにレベルがあがり、それに応じて恩恵を受けることが出来るので、プレイする人たちは頑張ってレベルあげをするのである。

しかし、レベリングに少し異なるゲームの登場もしている。

誰でも聞いたことがあるであろう「モンスターハンター」(通称:モンハン)このゲームのレベリングは他のゲームとはまったく異なっている。

ゲームクエストが「村クエスト」「集会所クエスト」と分かれて存在しており、それぞれ同じモンスターが出ていたとしても強さがまったく異なる。

村クエストは一人プレイ用。一人で強いモンスターを倒しながら強い装備を作って、特定のクエストを受けることで下位から徐々に上位へ進むのである。

ここで変わらないのは装備も強くなっていくのに変わらないもの。それが「ハンターランク」である。このゲーム「集会所クエスト」というものが用意されているのがここでレベリングを発揮することになる。この「集会所クエスト」を受注しない限りハンターランクが上がらないのである。

モンハンで「村クエスト」を受注しただけでは、ハンターランク(HR)はあがらないし、「集会所クエスト」のモンスターに対抗できる装備が作れない。そこで友達通しやオンラインを通じてモンハンをプレイする人たちと共にクエストを消化していく。そしてレアアイテムなどを出して強い武器・装備を作る。そしてより強いモンスターを相手に仲間と戦う。これがモンハンの醍醐味である。

以前はSONYのPSP(プレイステーションポータブル)やPS3(ピーエススリー)でしかプレイできなかったモンハンが、任天堂のWii(ウィー)に登場してから水中に潜れるようになり、3DS(スリーディーエス)で立体化されるようなり、プレイスタイルが増えたことからレベルキャップもHR6までしかなかったものが、HR100を超えることも可能になった。

過去にあったTVゲームのバグ

summervacation

以前からゲーム会社の開発途中の仕様がのこったまま発売されたのか、それとも意図的なものなのか不明なバグというものが存在する。有名なものをあげみたい。

そういえばポケモンGBにも壁にはさまったまま動けなくなるとか、手持ちにいないポケモンの技が出せるとかあったなぁ・・・w

【ぼくのなつやすみ PS版のみ】

YouTubeにその様子がアップロード(2010/03/03)されているので興味のある方は見られたし。

ゲームクリア後、とある操作をすると、8月32日以降が始まるといったバグです。

【牧場物語 GB2】

4時44分にゲーム内のテレビをつけると砂嵐の状態でずっと「4時44分4時44分4時44分4時44分4時4」と流れる。

0時00分にゲーム内のテレビをつけると「・・・・・・・・・・・・・・・せんぱーい・・・・」と流れる。

これ以外にもあるそうです。ゲーム会社の遊び?ですか?

【えりかとさとる夢の冒険 FC】

エンディングに入ったらコントローラ1とコントローラ2を同時に使って隠しコマンドを入れると「ひでむし」という開発者による隠しメッセージが表示されるらしい。

またこのゲームの隠しメッセージの存在はかなり有名らしくウィキペディアにも紹介されているほど。

それによると、2012年(ゲームは1988年発売)には、各章のパスワードをある方法で文字を抽出して並べると暴力的なものが表示されたことにより、これまで発見されていなかったエンディング以外の隠しメッセージをゲーム内で表示できるパスワード解析により発見されているそうです。

【以下全文抜粋】

なつかしい きょくが
ながれてるじゃないか。
あのころは、よかったな。

みんなプロだったもんな。
……………
それにひきかえ、なんだ
こんかいのやつらは、

やっと おわった。
すべてはいいおもいでだと
ふざけんじゃねェ
このばでおれいしちゃうよ

まず、かいはつとちゅうで
おとことにげた
おぐら かおる
てめェーだよ てめェー

まえのばん 7かいも
セックスして シャワーも
あびずに かいしゃに
くるなよ。

つぎに おおまち たつや
てめェーだよ てめェー
ヘラヘラしながらしごと
するんじゃねェー

ROMだしの とうじつに
へーきでおくれやがって。
もうスケベなほんもらって
もゆるさんぞ。

ブクブク ブクブク はら
だしやがって。 だから
2まん9せんえんはらって
もキスしかできないんだ。

ナムコのデバッカーの
たかの けんじ
アルバイトのくせして
きかくに ケチつけるな

それからこんかいいちばん
あし ひっぱってくれた
ごとう きよはる
てめェーだよ てめェー

タイムマシンができたら
まっさきに おまえを
えどじだいにおくってやる
そこでなぞなぞやってろ。

あー すっきり・・・・・

しねェんだよ
ごとう きよはる
てめェーだよ てめェー
うぁぁー きえてくれ

そういえば せわになった
ひともいたな・・・・・

おいしいとこだけもってっ
た おかださん。 きみの
アブノーマルなせいへきを
ぼくはしっている。

かんせいまで ソープを
がまんした やまぎしくん
こころゆくまで やって
きてください。

とちゅうさんかでがんばっ
た いわたくん
どなってごめんね。
これからもがんばってね。

いちばんきつかっただろう
ふじむら うどぴゅ
ほんとにありがとう。
うらむのは ごとーだぜ

ほかに、たかやま、くどー
すずき、まっきー、かねこ
あいはら、こころのてんし
さとちゃん、いがくん

みんな
・・・・・・
どうもでした。

おつかれさまでした。
このゲーム、おくさんの
バースディーにささげます

かずむし、なかなかいえに
かえれなくてごめんね。
あいしてるよ。もうずーと
まえから。   ひでむし

これが本当かはゲームをプレイしたことが無いのでわかりませんが、実名があがっていることから相当ゲーム開発大変だったんだろうな。。と伺えます。

途中にでてきた いわたくん は任天堂の岩田社長さんのことでしょうか。以前はゲーム開発をされていたということなので、きっとそうなんだろうと心の中で思っておくことにします。

古希のおっさんが教える「AGE OF CONAN」のレベルアップ方法

ageofconna

古稀、つまりは70歳になった者です。
孫たちから古希のお祝いにアバターを貰いました。
何のゲームのアバターかと言うと「AGE OF CONAN」というゲームです。
日本ではマイナーかもしれません。この作品はMMORPGで、ノルウェーのFUNCOMが出している作品です。
正式な名前は「Age of Conan: Hyborian Adventures」という名前です。

この作品は「コナン」の名前が用いられています。
このコナンとは日本で聞いたら文学作品の探偵のコナンが先に連想されると思いますが違います。
これはロバート・E・ハワードや、協力執筆者のディ=キャンプやビョルン・ニューベンリィなどの手により
執筆された「英雄コナンシリーズ」の事を指します。
文学の種類としては「ヒロイック・ファンタジー」です。
映画化もされており「コナン・ザ・グレード」などの名前が有名でもあります。

劇中のシナリオは「ハイボリア時代」と呼ばれる古代の戦乱の時代をバックストーリーとしています。
色々な民族が争いを続けている世界観で、主人公の大男であるコナンはキンメリアの出身であり、粗っぽい雰囲気ですが豪放で誇りのある戦士です。そしてコナンは時に一攫千金を狙う冒険者であったり、荒くれ者達をその腕っ節で纏め上げては海賊の首領になってしまったり、またある時は傭兵として戦う時があったりと、色々なストーリーがあります。

少しだけ似ている感じを言うと、日本の漫画作品の「コブラ」が感覚が近いかもしれません。
これは何故かと言うと、日本の漫画作品のコブラはそのお話毎にヒロインが登場します。
そのヒロインが主軸にストーリーが動く事も多く、コナンシリーズもお話毎のヒロインがもう一人の主人公である様なお話も多く、時にはヒロインの一人称視点で話が進んだりと、そういう類似性があるからでもあります。

ただ、孫達は20歳を超えている上でお話しますが、このゲームは18歳以下はプレイしちゃダメなゲームです。
戦乱の時代の荒々しさを表現するシステムが多いからです。

さて、そんな英雄コナンシリーズを題材として、尚且つモデルとしたMMORPGとしたAGE OF CONANは日本ではマイナーですがノルウェーでは中々に人気があり、キャラエディットなどのシステムはもちろんターン制ではなくリアルタイムアクションタイプのゲームシステムなどの緊張感が、また一種の人気となっています。

一応、課金なども行えるゲームですが私は課金などはしない主義なので、孫達が作ったキャラクターでレベル上げするなら課金無しという事でやっています。
もちろん課金すれば早く育成できますが、隠居した身なのでのんびりやっています。
ですが、新規に入るユーザーも無課金でしていくとなると厳しいかもしれません。
ですので、課金無しでレベルUPの方法を伝授、という程でもありませんが幾らか気づいた程度の事柄を綴りたいと思います。

このゲームはMMORPGですので、他にもプレイヤーが居ます。
その人達とパーティを組む事で、能力が低くてもレベルアップがし易いです。
ただ、ちゃんと初心者である事やレベルが低い事を自己申告した方がいいです。
殆どのプレイヤーは英語とかで話されていますが、ここら辺をちゃんとしないとパーティを組んでくれる方が居ても、仲良くなれずに連絡をし合うのを拒否されたりしてしまいます。
勝手が分からずにご迷惑をかけた相手も多々おりました。
ですが慣れ始めて、パーティの組み方というのも分かる様になりました。

このゲームは色々な職業があります。
日本風に言えば「戦士」とか「魔法使い」とか「僧侶」みたいなものです。
回復役の方や前衛の方と早くパーティを組める様になる事、これがシンプルですがとても大切です。

色々と自由性の高いゲームでもあるので縁のある人と一緒に始めるのも良いかもしれません。
または先に始めた友人のお世話になるなども手です。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • 自己紹介

    GAME情報を集めてるニートです。毎日ゲームばかりしてますが、ふと社会に役立ちたいと思い、ゲームのレベルアップ方法や裏ワザなどを集めたサイトを作ろうと立ち上げました。お手柔らかにドゾ。
  • ↑ PAGE TOP